北海道の田舎から札幌に出て5年間暮らした賃貸のアパートはとてもいい思い出です。
私は札幌から大学に通うため、札幌の南郷18丁目駅から徒歩で1分ほどのところに賃貸のアパートを借りて住んでいました。このアパートは外観がとても古く、手すりは錆びつき、玄関の扉は今はとても見ないような簡単な作りで、床はギシギシ言っていました。お風呂はなく、トイレも今どき和式でした。それでもこのアパートには僕はたいへん愛着があり、こまめに掃除をし大事に大事に住んできました。賃貸のアパートではめずらしく大家さんが下に住んでいるので、札幌の郷土料理や、アパート近くのお風呂屋さんなど教えてくれたものです。初めての1人暮らしであり、初めて手に入れる自由だったので、とても浮かれていたように思います。憧れていた木を飾ったり、自作の料理を作ったり、起きる時間も寝る時間も自由ということに楽しんでいました。アパートの近くには、大手スーパーが1件と、当時は小さなスーパー、スィートデコレーションの家具屋や薬局などがあり、大手スーパーには、マクドナルドやミスタードーナツなどのファーストフードも充実していて、とても魅力的でした。何よりスープカレーやパスタ、ケーキなど、お洒落なお店も多く、友人や遊びにきた家族を連れて行くには本当に良い場所でした。本当に言うことない場所でしたが、あえて良くない部分を挙げるとするならば、アパートの前のジョギングコースによく通り魔が出るところです。僕の友人も被害に遭ったと言っていたので、飲み会の帰りはいつも恐怖でした。今は、社会人として帯広に引っ越し、結婚を前提とした彼女と幸せに暮らしています。あの頃のように狭いアパートではなく、広い賃貸マンションですが、時々あのアパートで過ごした5年間を思い出します。札幌ですから冬はとても厳しく、石油ストーブしかなかったため、寒いなか、ガソリンスタンドまでよく買いに行っていました。積雪量が増えると当然雪かきが必要になるのですが、毎日のように雪かきをするのはけっこうな運動量なので、朝からばてたりもしました。当時、学生の僕には賃貸を借りるということはとても大人になった気分で、一人で料理をしたり、洗濯をしたり、お金の管理も最初はままならない思い出があります。そんな時はやはり実家が恋しくなるのだと思います。いまでも札幌に賃貸アパートを借りて過ごした日々は大切な思い出になっています。

未来のプロスポーツ選手に、輝かしい栄光を!トロフィー、メダル、表彰関係はこちら。子どもには頑張りに対する対価が必要。素敵な努力には正当な評価をしてあげることが大切なんですね。送別会に最適。転写盾で思い出に残る贈り物を遅れます。こちらのサイトをご参照下さい。ご注文後、商品のお届けをするまでに5日間掛かります!!トロフィーといえばこちらへ